United By Blue

Our Story

ストーリー

バックパックを背負ってキャンプに行くとき、地下鉄に乗っているとき、または、ユナイテッド・バイ・ブルーのネルシャツを着て釣りに行くとき、Barで飲んでるとき、いつでも世界は海や水辺でつながっています。私たちには、その海や水辺を守る責任があると考えています。

自分たちが住む環境を守りたいという願いから、2010年にユナイテッド・バイ・ブルーを始めました。小切手を書いたり、寄付を受け取ったりするのではなく、私たちは実際に目に見える形で、海や川の環境に影響を与えたいと考えていました。例えば、河川敷からタイヤを引き出したり、海岸沿いに捨てられたペットボトルを拾ったりすることです。私たちは、製品を1つ販売するたびに、海や川から1ポンドのごみを取り除くことを目標に掲げました。最初のTシャツを販売した同じ週に、最初のごみ拾いも開催しました。
それ以来、私たちのラインナップは、オーガニックコットンのTシャツから、アウトドアが好きな人々のための耐久性の高いアパレル、バッグ、アクセサリーなどにまで拡大しました。私たちは、オーガニックコットン、リサイクルポリエステル、バイソン繊維などの持続可能(長く使え、リサイクル、リユースできるもの)な素材を使用して、すべての製品を慎重に製造しています。現在、ユナイテッドバイブルー製品は、アメリカ全土で400店舗以上での取り扱いがあり、フィラデルフィア、アズベリパーク、NYCの直営店で販売されています。

Our Timeline

2010年

2010年

APRIL

最初の清掃を開催。ペンシルバニア州フィラデルフィアのバートラムズ・ガーデンのスクールキル川から
631ポンドのごみを取り除く。

MAY

最初の春夏ラインのTシャツ(4枚)を小売店に出荷。

DECEMBER

UBBのメンバーは3名のフルタイムと、大学のインターンシップで構成される。

2011年

JANUARY

展示会に出展(フロリダ州のサーフ・エキスポ、ユタ州のアウトドア・リテーラー)。

2012年

JANUARY

オーガニック・ワックスキャンバスを使用した最初のバッグライン、Lakeland Laptop Bagを発売。

APRIL

ニュージャージー州ペンサウケンのクーパー川沿いのごみ拾い活動で、10万ポンドを達成。

DECEMBER

UBBのメンバーが7名に増える。

2013年

2013年

SEPTEMBER

ユナイテッドバイブルーの旗艦店、Coffeehouse & Clothierがフィラデルフィアのオールドシティーにオープン。

OCTOBER

UBBの100回目のクリーンアップでテキサス州ダラスのトリニティ川から11,586ポンドのごみを取り除く。

2014年

2014年

SEPTEMBER

ショップインショップのコンセプトがペンシルバニア、ケネット・スクエアのState&Unionで開始。

OCTOBER

フィラデルフィアのユニバーシティ・シティで2店舗目のCoffeehouse & Clothierがオープン。

DECEMBER

UBBのメンバーが15名に増える。

2015年

2015年

MARCH

米国、カナダ、日本の350店舗の小売業者に、Tシャツ、タンクトップ、ボードショーツ、ドレス、織物、バッグなどの
幅広い製品ラインの提供を開始。

MAY

大西洋を望むニュージャージー州のアズベリパークに店舗をオープン。

SEPTEMBER

デラウェア州ウィルミントンの水路から250,000ポンドのごみを回収。

2016年

JANUARY

The Ultimate American JacketのB100バイソン断熱材が、Outside Magazineの「Gear of the Show」を受賞。

JUNE

ニューヨークのノリータに4番目の店舗がオープン。

AUGUST

耐水性の高いリサイクルポリエステル素材を採用したRidgelineバッグコレクションを発売。

NOVEMBER

現在、UBBでは、ヘッドクォーター、倉庫、3つの店舗で45名のチームメンバーが働いています。

▲TOP